« 「和田○○子さんのような?」42回目のレッスンレポ | トップページ | 書店:点描… »

2008.01.22

「ココログ出版」II

先日、話題にしました
ココログ出版

何度かの試行錯誤の末
ようやく1冊目の申し込みが完了しました。

が…初回だった今回…
申し込システムの流れそのものが
私にはとても使いにくかったというのが
印象として残りました。
(対応自体はとても親切だったのですけれど)

申し込みの流れとしては

日付を区切り表紙の種類を決め
文字色や写真の有無・枚数などを決めて
見本のPDFファイルを作って貰います

3営業日後
見本が送られてくるのですが…
私宛に届いたメールは2通

1つは見本ファイル送信

もう1つは「ページ数超過のお知らせ」

届いたファイルは写真こそ粗いものの
申し込んだ日数の全頁分の見本が…
(総頁数700弱でした)
そんなに行くとは思っておりませんでしたので
2年分で申し込んでみたのですが
結果、1冊になる限度(448頁)の倍近い
頁数になってしまいました@@

そこで
2通目のメールにあった「対処方法」を読み

#日付ごとの改ページを「する」→「しない」
#文字の大きさ「大」→「小」
#見出し・目次をなくす
#写真の数や有無の調整

のうち
まずは「日付ごとの改ページ」をなくしてみましたが
それでもページ数はせいぜい数%減

最終的には届いたファイルをめくっていって
1冊収録可能MAXの頁の1頁前までで
区切ることで申し込みをしたのですが

(やりとりの過程で1年毎に1冊とも考えたのですが
いづれ全部をご本に…という可能性も考えますと
下手すると1年で1冊に入りきらないこともありそうで
頁限度ギリギリの方を選んでみました)

が、その変更のやりとりがメールではなく
変更事項が出る度に新たな見本の申し込みが必要になり
その度にファイルの作成料金が新たに付加され
(申し込みに至れば、至った分に当たる1回分の
ファイル作成料金は請求代金から引いてくれるのだそうですが)
これはとても煩雑に感じられました。

例えば最初の頁数超過のご案内メールの時に
参考程度にでも
「お客様の現在ご提示の条件下での
1冊の最大ページ数でしたら○月○日分までとなります」
という主旨の内容記載でもあれば
ファイル作成を1回で済ませる事も
可能な人も多いだろうと思ったのですが
その旨書いて返信したメールには返事がありませんでした。

とはいえ…そういう試行錯誤などの苦労の末?
何とか申し込みには至れましたので
どんなご本として手元に届くのでしょう?
と、楽しみ(なような怖いような(^^;; )

                         90

|

« 「和田○○子さんのような?」42回目のレッスンレポ | トップページ | 書店:点描… »

コメント

そうですね
本に収録されるのは本文のみなので
大分イメージも変わります。
コメントの文字位は拾ってくれても
良いのに…と私も思いました。

投稿: | 2008.01.24 05:16

なるほど…いろいろ大変なのね。参考になります。

どうせ本にするなら、皆さんからのコメント込みのブログなんだから…と思うのだけれど、本文に入れなければならないって聞いて躊躇しているところです(^^;

投稿: 雪穂 | 2008.01.22 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ココログ出版」II:

« 「和田○○子さんのような?」42回目のレッスンレポ | トップページ | 書店:点描… »