« 福島へ | トップページ | マイナンバー »

2015.11.22

五十番

神楽坂の五十番
http://r.gnavi.co.jp/f0j3zdpt0000/
HPがちょっとぐぐっても見つからなかったので
とりあえず

中島梓さん経由で知ったお店です
初めてお会いした日に、食べたので
余計印象は強烈で
お店で食べてみたくて、友人と本店まで行って食べた記憶も
懐かしいです。

やはり、梓さんの関連で知り合った友人と
先日肉まんの話題が出て
今日はその友人と本店に食べに行く事に(^^)

これもたまたま先日、参加した新井素子さんの鼎談の時
開場からとあるラジオ番組の話が出て
http://www.tfm.co.jp/garage/anime.html
星新一さんを意識して作られたとしか思えない
キャラの名前の設定の中で
その番組の登場キャラが”モトちゃん”から”薫さん”に変わったけれど
生前、栗本薫さんと星新一さんに交流はあったのだろうか?という
呟きがTwitterで流れていたり…
(さて、その辺りは私は詳しくはありませんが)

|

« 福島へ | トップページ | マイナンバー »

コメント

akapon@素研さま

コメントありがとうございます
梓さんは”新井素子少女”と仰ってらしたし
素子さんは少し前のトークショーで
梓さんに千羽鶴を差し上げた事があると
仰ってました
勿論、同じジャンルも書かれる作家さん同士での
交流はあったと思うのですが
が…色々と直接お話は伺っていた中で
星氏のお話は聞いた事が
無かった気がしたのです
単に話題にならなかっただけだったのかも
しれませんけれど

投稿: 恵 | 2015.11.22 19:02

こんにちは。
栗本氏も日本SF作家クラブに所属していたので、交流はあったんじゃないでしょうか。お二人とも新井素子さんと親交が深かったという共通点もありますし。しかし確証はないです。
ちなみに、中島梓名義の『作家の肖像』には星新一についての評論が二本収録されているそうです。
また、星新一の『きまぐれエトセトラ』所収の「なんとなく作家が存在している国」というエッセイには、「中島梓という若い才女作家」という記述がありました。

投稿: akapon@素研 | 2015.11.22 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十番:

« 福島へ | トップページ | マイナンバー »